40代からのダイエットで健康に繋げる|筋肉が鍵

正しい方法で行うこと

運動する人

加圧トレーニングは、筋肉に圧力をかけてトレーニングを行うので、短い時間で筋肉を作ることができます。筋肉を付けることにより基礎代謝を上げ、痩せやすい体づくりができるのです。初めはプロに教わることにより、怪我のリスクを減らすだけでなく、より効率的に筋肉をつけられます。

健康を意識した筋トレとは

婦人

加圧トレーニングは筋肉の肥大を目的にしている筋肉トレーニングではなく、健康的で持久力のある筋肉を作るための効率的なエクササイズなのです。加圧トレーニングは血流をコントロールすることで、脳を騙してホルモンを多く分泌させ、低負荷でも大きな効果を得られるエクササイズです。

筋肉をつけて綺麗に痩せる

女の人

若々しい身体になる

40代のダイエットは、単にサイズダウンだけを追いかける痩せ方ではなく、体脂肪に目を向けたいものです。体脂肪は、食事で摂ったエネルギーがすべて消費されずに余った状態になり、体内で脂肪に変わり脂肪細胞に蓄えられたものです。現在太り気味の人は、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回るようなライフスタイルを続けてきたということになります。40代の女性がダイエットする場合、毎日の生活の活動量を増やすように心がけると同時に、筋肉をつけるエクササイズが必要です。筋肉をつけて身体を引き締めるダイエットで、脂肪が垂れ下がるのをかなり防ぐことができます。40代はまだ体の立て直しができる年代です。基礎的な体力と適度な筋肉をつけることで、若々しい身体になって溌剌とした人生を送りましょう。

下腹を引き締める

40代になって下腹がポッコリと目立ってきた人も多いのではないでしょうか。40歳を過ぎると脂肪の再分布が起こり、それまで上半身や脚についていた脂肪が減ってお尻やお腹、太ももなどにつくようになります。足が細くてもウエストや下腹にたっぷりと贅肉がつくというのは中年太りの特徴の1つです。また中年期になって女性の生理的な機能が衰え、女性ホルモンの働きが徐々に低下すると、お腹につく脂肪のタイプも変化が見られます。若い時は皮膚の下に脂肪がつく皮下脂肪型だったのが、女性ホルモンの低下に伴って内臓周りに脂肪がつく内臓脂肪型になると、お腹の内も外も脂肪がたまりポッコリお腹になるのです。下腹を引き締めるには、無理をしない程度のエクササイズを継続して行う事がダイエット成功の鍵になります。

筋力アップを効率的に行う

腹部

加圧トレーニングは筋力アップのためのトレーニングであり、引き締まった体型が目指せます。大阪にあるジムでは加圧トレーニングが人気があり、最近は女性の利用者も増えてきています。体重を減らす効果はあまりありませんが、引き締まった見た目の効果では大きな成果が出せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加